生き残ったホモサピエンス:「人類の起源」篠田謙一

人類の起源 古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」 (中公新書)

一読して、結局、「ホモ属最後の末裔」として生き残ったのが私たちホモサピエンスだと思った。昔から、人類の歴史は、猿人、原人、旧人、新人と直線的な発展段階を経て現在に至るというイメージがあった。しかし、日進月歩しているDNA解析の最新成果から本書が示すように、共通祖先からホモサピエンスが分岐した60万年前から数万年前まで、ホモエレクトス(原人)、ホモネアンデルタレンシス(旧人)、ホモサピエンス(新人)等のホモ属各種は地球上で共存していたことがわかってきた。

しかも現在のホモサピエンスは、ホモネアンデルタレンシスをはじめとする、ほかのホモ属の種との交雑を経ている。ほかのホモ属たちは私たちの「隠れた祖先」(本書p34)でもある。

現在のホモサピエンスは、いくつかあったホモサピエンスのグループのうち、5万年前にアフリカを出て全世界に拡散したグループの末裔であることもわかっている。DNA解析によって、文字の無い時代の人類の歴史がもっと詳しくわかるようになるのが面白い。「アーリア人の大移動」の実態も、わかりかけているように思う。近い将来、歴史教科書の先史時代の記述はがらっと変わるだろうと思う。

なぜホモ属のなかで私たちだけが生き残ったのか。ほかのホモ属との交雑を経たうえでも、ホモサピエンス以外の生殖に関する遺伝子が排除されていることが興味深い。「私たちが残ったのは、単により子孫を残しやすかったため」(p65)かもしれないのだ。よく知られているホモサピエンスの旺盛な性欲は、生存に適していたということか。

いずれにしても、最終氷期が終わる1-2万年前までにホモ属の種はサピエンスだけになっていた。気温の変化(図)を見ると、最終氷期は最近1万年間に比べると気候変化が激しかったようだ。こうしたドラステイックな気候変化に耐えられずに他のホモ属が消滅したのだ、そしてサピエンスはその名のとおり賢かったからこの激しい変化を生き延びたのだ、と考えることもできそうだ。あるいは、サピエンスだけが温暖化した環境に適していたのかもしれない。意外にも他のホモ属は1万年くらい前まで生きていたが、温暖化しきわめて安定した気候を利用した農耕と牧畜の開始によってサピエンスが増殖することで他のホモ属を圧倒してしまったのかもしれない。

North Greenland Ice Core Project Members (2007)

しかし改めて図を見ると、最近1万年の気候は異常に安定しているように見える。サピエンスはたまたま異常に安定した温暖な気候のもとで生き延びたと思うと、今後はどうなるのだろうか。最終氷期みたいな気温変化では、食糧生産はどう確保したらいいのかと考えてしまう。今の安定した気候は、はたしてこのまま続くのだろうか。

戦争をひきおこすもの、戦争がもたらすこと:「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」加藤陽子

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

ふた月ほど前の2月15日に、某大使がインタビューに答え「軍事技術的な措置」の可能性について述べていたが、公式発表では「特殊軍事作戦」となったようだ。実際にはまぎれもない「戦争」であり、現在も進行中の恐ろしい惨禍となっている。

なぜ戦争になってしまったのか、そして、ロシアは何をもたらそうとして戦争を行っているのか。そう思って本書を読むと、いろいろ考えさせられる。

本書を読むと、戦争は「歴史の誤用」(本書朝日出版社版、p68)によって起こりうると思う。例えばロシア指導部は2014年のクリミアの経験を「誤用」したと思う。そして戦争は最終的には相手国の「国体」(p45)、憲法秩序の変更を要求することになる。もちろん、こんな意味の戦争は現代の国際法では禁止されている。でもロシアの意図しているところを見ると、ウクライナ憲法秩序そのものの変更を要求している。さらに最近では、ウクライナ自体の消滅を意図しているのではないかと見えてきたので、とても気持ちが悪くなる。

現代の国連が主導する世界秩序は、核兵器を多数所有するような大国は安保理常任理事国となって秩序の維持に尽力することが前提となっているはずである。今回の事態は、そのような前提が崩れ去ったことを意味する。ウクライナ政府がもし戦争の冒頭で崩壊し降伏していたら、このことは以前のクリミアのようになんとなく隠蔽され、もしかしたらすべての国が見て見ぬふりをしてしまうこともあったのかもしれない。しかし今やすべてが顕わになった。

この事態は今後どうなっていくのか。1930年代日中戦争の中国指導層は、アメリカとソビエトを巻き込んで最終的に勝つために徹底抗戦を貫いた、というのが本書の見立てである。一方で対する当時の日本政府と世論は、戦争とは思わず警察行動の延長、特殊軍事作戦と捉えていた(暴支膺懲)。今回の戦争も似たような構図になっていると思うが、そう考えてしまうのは歴史の誤用だろうか。

老いてからすること:「らーめん再遊記」久部緑郎・河合単

らーめん再遊記(4) (ビッグコミックス)

若い人々の活躍を描いた前二作とはうって変わり、衰えと引退を意識した初老男たちの話になったので、がぜんと興味が出てきた。

年寄りになったら、金と権力はさっさと若い人に譲り渡して、

好きなラーメンを好きに作りたいだけの、イカれたラーメン馬鹿だっ!!」(1集、p132)

と、いちラーメン職人に戻る展開がいい。どうせ老害なんだから、この方向に行くのが一番あこがれる。老いても評論家になるのでなく、若い人たちにかける迷惑を少なくしつつ「作る人間」であり続けられるかどうか、それが大事なことだ。

いちラーメン職人に戻ったら、新たな目標を目指して彷徨を続けるのがまたいい。それをやり続けていると、

もう俺のラーメンの中に、俺はいないんだよ。」(4集、p44)

ということになるのだ。何者かになろうとすることから解放され、自由になる。それは、目の前にいる誰かが喜ぶことをするという意味では自由ではない。でも年をとったらそれでいいと思う。

さてこの物語は、老いたあとに来る死を描くことはあるのだろうか。

宇宙は有機物と水でいっぱい:「地球外生命」小林憲正

 

子供のころ、バイキングの火星着陸のニュースは息を飲んで観ていた。新聞の一面を全部使って、赤茶けた地表と青空の電送写真が掲載され(何かの理由で後で青空はピンク色の空に修正されたが)、まるで地球みたいだとびっくりした。でもその後の生物探査実験の結果は惨憺たるもので、有機物もろくにみつからず火星は死の砂漠だとわかり、とてもがっかりした。

本書を読むと、このがっかり感は当の宇宙開発業界でも相当なものであったようで、その後20年間、火星探査は停滞してしまった。しかしバイキング探査以後半世紀近くがたち、生物の在り様や宇宙環境に対する見方は一変した。

まず、光を必要としない化学合成の生物が地球の深海や地下で次々に発見され、従来の「古典的生物圏」は広大な「暗黒生物圏」を含むものに拡張された。これによって光や環境温度、大気組成に関する生物の存在条件は大幅に緩和され、惑星系で生物が存在しうる条件であるハビタブルゾーンが「拡張ハビタブルゾーン」として、より広範なものとして再定義された、

そして、ヴォイジャー(1970-1980年代)、ガリレオ(1990年代)、カッシーニ(2000年代)などによる木星土星の集中的な探査により、エウロパ、ガニメデ、エンケラドゥス衛星の地下に全球スケールの液体の海があることが発見された。ケレスなどの小惑星にも液体の水があることがわかっている。冷たくて水もなく何もいないと思われていた外惑星系は「拡張ハビタブルゾーン」に含まれることになったのだ。さらに、水ではなくメタンを溶媒とする生命が考えられるならば、メタンの雨が降りメタンの川となってメタンの湖にそそぐ天王星の衛星タイタンにも生物がいる可能性がある。

興味深いのは、地球の生命のもととなった有機物は地球以外に宇宙にも起源をもつ可能性が大きいことだ。原始太陽系の環境は有機物の生成に適していたようだ。原始太陽系環境の片鱗を残しているだろう彗星や小惑星の探査も、生命の起源の解明につながる可能性がある。

思っていたより宇宙は、生命の発生に適している。少なくとも知的生命の存在よりずっとその確率は高そうだ。電波通信可能な知的生命の存在惑星数を示すドレイク数NはN=0.005L(Lは文明の平均継続年数)であるとすれば、生命の存在惑星数を示す拡張ドレイク数はN`=0.5L`(L`は生命の存続年数)と示すことができる(本書p199)。今のところ地球しか実例がないので、L=200年をいれるとN=1、つまり私たちだけが電波通信可能な知的生命となるが、L`=38億年(p62)をいれるとN`=19億となる。地球外生命の発見は時間の問題だろうと思う。

生命は宇宙にありふれているといえそうだし、いったん生まれれば完全に死滅することはないだろうが、個々の生物種の存続年数はずっと短い。知的生命が見つかりそうもない現状は、文明の存続年数はあまり長くないかもしれないと示唆している。知的生命が私たちの他に存在するとしても、この宇宙で出会うのはかつて存在した知的生命の遺跡か、私たちより若く電波交信しない文明ばかりなのかもしれない。

そわそわするドイツ史:「ドイツ・ナショナリズム」今野元

「ドイツ・ナショナリズム」という題名にひかれて読んでみた。一読し、そわそわするドイツ史だと思った。まず、用語の書きかえが新鮮である。ナチスは「NSDAP」であってナチズムは「国民社会主義」だし、オーストリアは「エステルライヒ」、神聖ローマ帝国はたんに「ローマ帝国」である。国際連合第二次世界大戦時の「連合国」のままである。本書を読んでいると、NSDAP政権はドイツ・ナショナリズムの現れのひとつであると思えてくる。なんだかそわそわしてくる。

本書において、「グローバル化された現代世界は階層化された秩序である」(本書、p313)。西欧的=「普遍」価値に基づくこの秩序はフランス革命に端を発し、二度の世界大戦で世界中に広がった。本書はドイツ・ナショナリズムを、西欧的=「普遍」価値とドイツ「固有」の価値のせめぎあいとして捉える。こうした立場から、西欧的=「普遍」価値の立場で作られた用語を無自覚・無前提に用いることはしないのである。

ドイツは日本と同様に第二次世界大戦の敗戦国であり、経済はともかく政治的には自己主張しない、控えめな国としてみられてきた。現代の階層的な世界秩序においては劣位とされてきたといえる。しかし1990年の東西ドイツ再統一以来再生への道を歩み始め、現在では欧州連合の指導国となり政治的にも軍事的にも国際政治において存在感を示している。

再統一後、シュレーダー政権(1998-2005年)に象徴される「六八年世代」の台頭によって、西欧的=「普遍」価値を内面化し、グローバル化した階層的世界秩序の優等生たらんとしている現代ドイツが、今後どのようにふるまっていくのかが注目される。例えばドイツは、西欧的=「普遍」価値の現れともいえる「脱炭素化」をこのまま急進的に進めていくのだろうか。

一方でドイツは「脱炭素化」と矛盾する(と私は考える)「脱原発」や「財政規律」も強力に推し進めようとしているのだ。イギリスは欧州連合を離脱したしフランスは原発政策を強力に推進しており、欧州内でも足並みはそろっていない。また「脱炭素化」に固執するドイツはロシアに天然ガス供給を依存しており、ウクライナ危機では指導力を発揮できていないようにみえる。

そわそわしてくるのは、グローバル化した階層的世界秩序では依然として劣位におかれている日本の今後と、ドイツの動向がかぶるようにみえるからでもある。中国とロシアは今、グローバル化した階層的世界秩序の変更を試みている。間近では、中国・台湾と、ロシア・ウクライナに対する対応が東西で連動してくるように思える。

持続的な経済成長という贈り物:「自由と成長の経済学」柿埜真悟

自由と成長の経済学 「人新世」と「脱成長コミュニズム」の罠 (PHP新書)

数十万年にわたる人類の歴史で、持続的な経済成長による貧困からの解放が可能になったのはここ最近、ほんの200年ほどの間であることが本書冒頭にある様々なグラフを見るとよくわかる。本書の著者は、持続的な経済成長を実現したのは、資本主義社会がもたらした自由な競争的市場の登場によるものであることを強調する。自由な競争的市場は、取引に参加するすべての当事者に便益を与えることができる。こうした「プラスサム」の特徴は、人類が長い歴史の中で直面してきた「ゼロサム」的状況ー誰かの利益は他の誰かの損によって得られるーと真っ向から反するために、直感的に理解されることが難しい。

著者は、それゆえに競争的自由市場に基づく資本主義は、登場以来様々な抵抗を受けてきたという。その最たるものが共産主義による抵抗である。共産主義者にとって資本主義は、ゼロサムゲームであり資本家が労働者を搾取することによって利益を得る仕組みにみえたのである。共産主義ソビエト連邦をはじめとする共産主義国家群の破綻によって20世紀末に挫折した。しかし著者は、最近これに類する「脱成長コミュニズム」の風潮があると指摘する。

資本主義は、伝統的なゼロサム的認識と反するために、今日でもありとあらゆる動機から批判されやすい。特に自由な経済活動はとかく制限されやすい。いわく、地球温暖化に対応するために、パンデミックに対応するために、広がった貧富の格差を縮めるために、エトセトラエトセトラ。実際には、本書で述べられているようにこれらの問題こそ自由な競争的市場による資本主義によって改善、解決されうるものであり、「脱成長コミュニズム」に類するやり方では決して解決されえないのである。

三好・織田・羽柴時代という画期:「三好一族」天野忠幸

三好一族―戦国最初の「天下人」 (中公新書)

これまで京都を中心とする畿内の戦国政治史は、織田信長の上洛以前までは混沌としていて、分裂した足利将軍家や細川家の内輪の権力争いに終始しているという印象があった。ある本では、畿内戦国史の主役は退廃した(?)武将たちの争いよりもむしろ自治を進めた一向一揆法華一揆、京都、堺の町衆や惣村などであるとした記述を見かけることもあった。

本書は、織田信長の上洛に先がけて京都においてはじめて足利将軍を推戴しない政権を樹立した三好一族に焦点をあてた畿内戦国史である。応仁の乱前後から徳川時代が始まるあたりまでを扱っている。混沌とした畿内戦国史であるが、細川政元の暗殺(1507年)から江口の戦い(1549年)に至り、足利将軍家細川京兆家の分裂が一応収束したあたりから三好長慶を軸として次の時代への模索が始まると考えると面白い。

本書を読んで面白いと思うところは随所に出てくる。まず、最初に活躍する三好之長が、京都近郊で一揆を募って戦力化するのに長けていたというのが面白い。三好一族が畿内の戦争を勝ち抜いて中央政権を樹立するに至った最大の理由は卓越した軍事力であり、その起源はこのあたりにあるのかと思わされる。

本書は織田信長上洛以後の畿内情勢を三好一族の側から描いており、見え方が新鮮である。信長と足利義昭の関係も三好一族という補助線を加えると、思っていたより複雑に見える。これまで下剋上の典型であるかのような言われ方をされていた松永久秀の行動も一貫して三好本宗家を支えていたように捉えることができ、興味深い。三好長慶死後の三好一族は分裂を重ね弱体化する一方であったかと思っていたが、元亀・天正の争乱では分裂を解消し当主の三好義継を中心に信長や義昭と対決するまでに勢いを取り戻している。西の毛利氏や東の武田氏との連携などもうまく行っていたらと思うと、歴史のいろいろな可能性に思いをはせてしまう。織田氏は結果として三好氏の覇権を打倒したのであって、戦国大名としてより進歩(?)しているから打倒できたということはないのだ。

三好氏も織田氏足利将軍家を頂点とする武家の旧い支配秩序をつくりかえるには至らなかったが、羽柴秀吉は関白として明確にそれまでとは異なる支配秩序を創出し、時代がまたひとつ転回する。本書ではその後の新しい時代を生き抜く三好氏の足どりも描いていて興味深い。

渡辺京二氏が説くように、「領主は所領内の平和・安全を維持する義務があるという、社会一般にひろく根を張った政治思想こそ、戦国大名の出現をうながす強力な動機であった」(「日本近世の起源」新書版p286)。本書にあるように「近世社会の基本的な単位となる町や村の共同体を対象とした裁判や支配を、三好一族が行っていた」(本書p201)のであり、その意味で、畿内という政治的中心地において旧秩序と対決し戦国大名として新しい時代の要請を担ったといえる三好一族の事績をみるとき、「三好・織田・羽柴時代」(同p201)という時代区分の提案は十分に説得力をもつように思う。